【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】どっちがいい?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大100社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

トヨタが送り出す5ナンバーのミニバン・ノアは、2001年の初登場から人気が上昇し続け、特別仕様車のW×Bシリーズの参戦も追い風となり2017年度にはミニバン販売台数ナンバー1に輝き現代のミニバンブームをさらに白熱させています。

対するホンダステップワゴンと言えば、1995年に世に初めて登場してからというものその空間性の高さとコストパフォーマンスの良さから一気に話題となり、現代におけるミニバンブームのまさに先駆けなった存在です。

ミニバン王者決定戦、ノアは迫るステップワゴンの追撃を振り切ることができるのか?

人気ミニバン2車の違いを比較してみました!





【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の価格を比較

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の価格を比較【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の価格を比較引用:https://toyota.jp/(上)、https://www.honda.co.jp/(下)

まずは気になる各車の乗り出し価格の比較からです。

以下の表に公式サイトからの各車の最低乗り出し価格情報をまとめてみました。

ノア 価格

ガソリン車:247万円〜284万円

ハイブリッド車:301万円〜336万円

ステップワゴン 価格

ガソリン車:229万円〜342万円

ハイブリッド車:314万円〜356万円
上記の価格は税込です。

 

2車を比較してみると、ノアの価格帯はステップワゴンよりも狭いことがわかります。

ハイブリッド車だけで比較した場合はステップワゴンの最低乗り出し価格の方が

高額ですが、ハイブリッドエンジンのステップワゴンは全種類が特別仕様車である

スパーダ・ハイブリッドシリーズであることが理由でしょう。

ノアのグレード・カラーについて

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の価格を比較引用:https://toyota.jp/noah/?padid=ag341_from_noah_navi_top

ノアのグレード展開はガソリン車・ハイブリッド車共にX、G、Si、特別仕様車Si “W×”Bの

4つとさらにガソリン車であるSi “GR SPORT”の全9種類から構成されています。

 

トヨタ公式のグレード別売り上げランキングでは、2018年9月現在で特別仕様車の

Si ”W×B”が第1位、Si、Xがそれぞれ2位、3位となっています。

 

グレード別主要装備の違いでは、外装で一番わかりやすいものだとホイールの種類と

フォグランプの有無でしょうか。

内装では前席ヒーテッドシート、本革巻きステアリング・シフトノブ、消臭機能付きハイグレード

ファブリックなどがG、Gハイブリッド、Si、 Siハイブリッド、Si GR SPORT、Si ”W×B”、

Si ”W×B” ハイブリッドのみに設定可能な点などが挙げられます。

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の価格を比較引用:https://toyota.jp/noah/?padid=ag341_from_noah_navi_top

また、オートレベリング機能付きLEDヘッドライト、クルーズコントロール、アクセサリー

ソケット1つ、USBポート2つなどは全車標準装備、セーフティパッケージであるToyota

Safety SenseはベースグレードのG以外は標準装備となっています。

 

また、人気ボディカラーランキングでは第1位がホワイトパールクリスタルシャイン、続いてシルバー

メタリック、ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークがそれぞれ2位と3位に

ランクインしています。

カラー展開は上記の3色に加えブラック、ブラッキッシュアゲハガラスフレーク、ボルドーマイカ

メタリック、アバンギャルドブロンズメタリックの4色が加わる全7色から成っていて、ホワイト2色と

ブラッキッシュアゲハガラスフレークが同価格で選択可能のプレミアムカラーとなっています。

プレミアムカラーの選択には各色共通で税込32,400円の追加料金が必要です。

ステップワゴンのグレード・カラーについて

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の価格を比較引用:https://www.honda.co.jp/

ステップワゴン現行モデルは初代から数えて5代目であり、2017年9月にマイナー

チェンジが行われました(モデューロXのみ2018年4月にも追加改良有り)。

 

グレード展開ではG、G・EX、SPADA、SPADA・Cool Spirit、Modulo Xがガソリン車、

SPADA HYBRID B、SPADA HYBRID G、SPADA HYBRID G・EXがハイブリッド車と

なっています。

 

SPADAとモデューロXはどちらも特徴的なデザインのステップワゴンの特別仕様車です。

また、セーフティパッケージであるHonda SENSINGはハイグレード車では標準装備ですが

ローグレード車では実質オプション装備の扱いです。

 

ステップワゴンのカラー展開は3種のタイプごとに選択可能色が分かれていることが特徴です。

ベースモデル(G、G・EX)ではブルーホライゾン・メタリック、ミルクグラス・パール、

クリスタルブラック・パール、プラチナホワイト・パール、スーパープラチナ・メタリック、

モダンスティール・メタリック、プレミアムディープロッソ・パールの7色が選択可能です。

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の価格を比較引用:https://www.honda.co.jp/

SPADAにはプレミアムスパイスパープル・パールがガソリン車限定色、フォレスト

グリーン・パールがハイブリッド車限定で選択可能です。

それに加えてオブシダンブルー・パール、プレミアムスパークルブラック・パール、プラチナ

ホワイト・パール、スーパープラチナ・メタリック、モダンスティール・メタリック、プレミアム

ディープロッソ・パールの計8色が用意されています。

 

モデューロX用カラーはプレミアムスパイスパープル・パール、プレミアムスパークルブラック・

パール、プラチナホワイト・パールの3色が用意されています。

 

ブルー両色、ミルクグラス・パール、クリスタルブラック・パール、モダンスティール・

メタリックの5色を除く全カラーがプレミアムカラーであり、選択には税込37,800円の

追加料金が必要です(モデューロXでは追加料金なし)。





【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の大きさを比較

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の大きさを比較

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の大きさを比較引用:https://toyota.jp/(上/ノア)、https://www.honda.co.jp/(下/ステップワゴン)

ノアとステップワゴンの各寸法

メーカー公式ウェブサイトによると、ノアとステップワゴンの各寸法は以下のようになっています。

ノア 寸法

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の大きさを比較引用:https://toyota.jp/noah/?padid=ag341_from_noah_navi_top

全長:4,710mm(Si) / 4,695mm(G,X)

全幅:1,730mm(Si) / 1.695mm(G, X)

全高:1,825mm

ホイールベース:2,850mm

車両重量:1,560〜1,730kg

乗車定員:ハイブリッド車は7人、ガソリン車は7〜8人

室内全長:2,930mm

室内全幅:1,540mm

室内全高:1,400mm

最低地上高:160mm

ステップワゴン 寸法

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の大きさを比較引用:https://www.honda.co.jp/

全長:4,760mm(SPADA, Modulo X) / 4,690mm(G, G・EX)

全幅:1,695mm

全高:1,840〜1,855mm

ホイールベース:2,890mm

車両重量:1,620〜1,820kg

乗車定員:ハイブリッド車は7人、ガソリン車は7〜8人

室内全長:3,220mm

室内全幅:1,500mm

室内全高:1,405mm

最低地上高:150〜155mm
こうして比べてみると、サイズ面での両車の違いはほとんどないことがわかります。

ハイブリッド車の場合は定員が7名の車両しか選択できないという点も共通となっています。

 

どちらの車両も2列目のドアが最低でも片面はスライドドアになっていますが、

ノアにはスライドドアが閉まると自動でロックしてくれる予約ロック機能、ステップワゴンは

オプション装備でセンサーに足をかざすとドアが自動で開くハンズフリー機能があります。

また、両車とも車高が低くなっており、乗り降りがしやすい設計であることも共通しています。

ノアとステップワゴンの室内・トランクルーム

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の大きさを比較引用:https://www.honda.co.jp/

ノアもステップワゴンも基本的な構造は非常によく似ていますが、ステップワゴンの

現行モデルの方がノアの現行モデルよりも後に出たため、使いやすさの勝負では

ステップワゴンが有利と言えるでしょう。

 

ノア、ステップワゴンの両方とも2列目シートの位置を前後に移動することと

3列目シートを折りたたんで格納しトランクルームの容量を大幅に増やすことが可能です。

これによって、2列目の足元を広く取り床に荷物やベビーカーなどを置いたり

広くしたトランクルームに自転車や大きな家具などを積み込むことができるようになります。

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の大きさを比較引用:https://toyota.jp/noah/?padid=ag341_from_noah_navi_top

ノアのバックドアは車両背面全体が1枚のリフトアップゲートになっている一方で

ステップワゴンは縦長のドアが二枚連なったのようなデザインをしています。

これによりリフトゲートのような縦開閉だけでなく横からドアの一枚だけ開けることも

可能な設計で、狭い場所でも簡単に3列目シートにアクセスすることができます。





【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の燃費を比較

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の燃費を比較

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の燃費を比較引用:https://toyota.jp/(ノア、上)、https://www.honda.co.jp/(ステップワゴン、下)

ノアとステップワゴンのカタログ燃費を比較

ノアとステップワゴンのどちらにもガソリンエンジンとハイブリッドエンジンの設定があります。

それぞれの車種の燃費をエンジンタイプごとに、JC08モードで比較してみたいと思います。

ノア 燃費

ハイブリッド車:23.8km/L

ガソリン車:14.0km/L〜16.0km/L

ステップワゴン 燃費

ハイブリッド車:25.0km/L

ガソリン車:15.0km/L〜17.0km/L
カタログ燃費ではステップワゴンが全体的に若干優れているものの、

実際に乗り比べてみたときにわかるような明らかな違いはないでしょう 。

両方のミニバンがシリーズ全車でトランスミッションに無段変速機を採用しており、さらに

可変バルブタイミング、電動パワーステアリングなどを駆使して燃費の向上を図っています。

しかし、ステップワゴンの方が約100kgも重いことを考えるとこの燃費の良さは

さすがホンダ車ですね。

さらにノアではアイドリングストップ機能が選択できないグレードがあるのに対し、

ステップワゴンではアイドリングストップ機能は全車標準装備という点にも注目です。

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の燃費を比較引用:https://toyota.jp/noah/?padid=ag341_from_noah_navi_top

ノアのガソリン車では駆動方式が2WDか4WDから選択できますが、

ハイブリッド車では2WDのみとなっています。

また、ステップワゴンの駆動方式はモデューロX、ハイブリッド全車が2WDのみ、

モデューロX以外のガソリン車では2WDか4WDの両方が存在します。

この駆動方式とパワートレインの組み合わせはミニバン以外でもよく見かけますね。

ノアとステップワゴンのエコカー減税について

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の燃費を比較引用:https://gazoo.com/impression/guide/140326.html

ノアはハイブリッド車全車が平成32年度の燃費基準値を+40%で達成しているため、

ノア・ハイブリッド車はエコカー減税対象車であり、自動車取得税と自動車重量税の両方が免税、

またグリーン化特例により翌年からの自動車税に概ね75%の減税が適用されます。

 

また、ステップワゴンはガソリン車も含めたSPADA 4WDを除いたシリーズ全車が

エコカー減税の対象車であり、ガソリン車は取得税と重量税がそれぞれ20%と25%減税され、

ハイブリッド車は全車燃費基準値+50%での達成により取得税と重量税が両方免税となります。

ハイブリッドのステップワゴンではグリーン化特例により翌年からの自動車税に75%の減税が

適応されますが、ガソリン車での適応は残念ながらありません。

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】の燃費を比較引用:https://www.honda.co.jp/

こうして比べてみると年間の自動車保険料だけでも数万円の差が出ますが、

この差とハイブリッドの燃費の良さを駆使してもガソリン車との車両価格の差を取り戻すには

一般的な走行距離を年間100kmとした場合に10年〜12年かかると言われています。

数年で乗り換えをお考えの場合は最終的にガソリン車の方がコストパフォーマンスが

高くなるという状況はよくありますので、購入する前には吟味を重ねる必要がありそうです。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

【トヨタ・ノア】を60万円安く買う方法とは!?

トヨタのノアかっこいいですよね!?

ガソリン・ハイブリッドや
2WD・4WDだったり、
カラーリングも豊富ですし、
特別仕様車の「WxB」など
いろいろ選べますし!!

乗車人数も7,8人と
お子さんがいても余裕のある空間で、
家庭的で優しいパパを演出できます!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「ノア欲しいけど高いんだよな…」
「もうそろそろ今使っている車とも長いし、
ノアに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れてきたな…」
「新車のノアを最安価格で買いたいな…」
「ディーラーからの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるのも避けたいな…」

などなど、ノアの購入を検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大100社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

しかもこの一括査定は
あの有名な楽天のため、
見積もり依頼をすると楽天ポイントももらえます!

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク

 

トヨタノアの関連記事はこちらです!

【トヨタ・ノア】vs【日産・セレナ】どっちを選ぶべきなのか!?

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・ステップワゴン】どっちがいい?

【トヨタ・ノア】vs【トヨタ・ヴォクシー】どっちを選ぶべき?

【トヨタ・ノア】vs【トヨタ・アルファード】どっちがいいのか!?

【トヨタ・ノア】vs【トヨタ・ヴェルファイア】どっちがいい?

【トヨタ・ノア】vs【トヨタ・エスクァイア】はどっちがいい?

【トヨタ・ノア】vs【ホンダ・オデッセイ】はどっちを選ぶべきか?

新着記事

  1. 現代日本におけるミニバン界は、限られた数少ない車種が人気ナンバーワンの座を巡って熾烈な争いを繰り広げ…
  2. トヨタノアには2WD車と4WD車があります。それぞれにはそれぞれの良さがありますが、両者は価…
  3. 昨今では、ハイブリッドカーのラインアップが増え、従来からある車種にも、ハイブリッドタイプが追加される…
  4. トヨタのノアとホンダのオデッセイ。どちらも各メーカーを代表するミニバンですが、ひと口にミニバ…
  5. 3列シートのゆとりの空間と、トヨタらしい上質な走り。これぞミニバンという魅力をたくさん備えた…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP