【トヨタ・ノア】アクセサリーおすすめはこれ!電源等紹介します!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大100社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

一般的に車にアクセサリー電源として装備されるものには、シガー(電源)ソケット、USBポート、インバーター(電源コンセント)の3つが存在します。

もちろん、国産ミニバン本命の売れっ子であるノアも純正アクセサリー電源をガソリン車・ハイブリッド車ともに複数装備しています。

この記事では、ノアが装備している純正アクセサリー電源についての検証をしたいと思います!





トヨタ・ノアの純正アクセサリー電源・ガソリン車

トヨタ・ノアの純正アクセサリー電源・ガソリン車引用:https://toyota.jp/

純正USBポート

ガソリンエンジンのノアには純正のUSBポートがインストルメントパネル下部に

2装備されています。

このUSBポートはそれぞれDC5V(2.1アンペア、消費電力10.5ワットまで)の

充電専用電源として使用することが可能です。

充電専用なので、オーディオシステムと接続して楽曲ファイルの転送などの

目的には使用できません。

 

また、状況によっては電子機器の充電が正しく行われない場合があります。

消費電力の多い機器を接続した時、パソコンと通信を行う機器を接続した時、

接続した機器の電源が入っていないときまたは機器がロック状態にある時、

夏季に駐車した後などで室内の温度が高い時などがそれに該当します。

純正電源ソケット

トヨタ・ノアの純正アクセサリー電源・ガソリン車引用:https://www.norikistudio.com

一昔前の一般的な乗用車のインパネ下部に、タバコのイラストが描かれている

「シガーライター」が装備されているのを見たことがある人は多いと思います。

元々はこのシガーライターを装備するための電源だったのでシガーソケットと

呼ばれていましたが、最近ではライター部分を装備していない「電源ソケット」

「アクセサリーソケット」などが一般的になってきています。

 

ガソリンエンジンのノアには、インパネ下部のUSBポートの横に

トヨタ純正電源ソケットが一つ装備されています。

形状は昔ながらのシガーソケットに似ていますが納車時点ではあくまでも電源の

供給用としてのアクセサリー装備であり、ライターは付属していません。

DC12V(10アンペア、消費電力120ワットまで)とUSBポートよりも消費電力の多い

ノートパソコン(50W〜120W)などの機器を接続することができますが、

普通の電源プラグやUSBコードの使用には対応するアダプター・インバーターが

別途必要になります。

純正電源コンセント(ガソリン車には装備なし)

2018年9月時点では、残念ながらメーカー純正電源コンセントはハイブリッド車のみで

選択可能なオプション装備であり、ガソリン車では上記の電源ソケットに別途購入した

インバーターを接続することでしか一般的な電源プラグは利用できないようです。





トヨタ・ノアのアクセサリー電源・ハイブリッド車

トヨタ・ノアのアクセサリー電源・ハイブリッド車引用:https://toyota.jp/

純正USBポート

ノアのガソリン車ではこのUSBポートは2つのみであるのに対し、

ハイブリッドエンジンのノアにはUSBポートがインパネ下部に2つ、

センターコンソールボックスの後方に2つと、合計で4つ装備されています。

選択オプションによってはセンターコンソールボックスが独立型の場合と

インパネ一体型の場合がありますが、USBポートの位置はほとんど変わりません。

ハイブリッドノアが装備しているUSBポートもガソリンノアと同じくDC5V

(2.1アンペア、消費電力10.5ワット)、充電専用でありUSB通信機能はありません。

トヨタ・ノアのアクセサリー電源・ハイブリッド車引用:https://toyota.jp/noah/?padid=ag341_from_noah_navi_top

純正電源ソケット

ハイブリッド車の場合、シガーソケット型電源ソケットの装備の有無は

選択グレードやオプションによって異なります。

 

中央独立型センターコンソールボックスを装備したハイブリッドノアの

場合、ガソリンノアと同じくインパネ下部、USBポートの横に

この電源ソケットがあります。

オプション装備であるインパネ一体型センターコンソールボックスを

装備したノアの場合はアクセサリーソケットの形状と位置が異なります。

しかし、装備しているコンソールボックスの形状に関わらずインパネの

純正電源ソケットのDC12V(10アンペア、消費電力120ワット)という仕様は

変わらず、ガソリンノアのソケットと同一のものとなっています。

純正電源コンセント

トヨタ・ノアのアクセサリー電源・ハイブリッド車引用:https://minkara.carview.co.jp

ハイブリッドノアのオプションであるインパネ一体型センターコンソールボックスを

装備しているノアの場合、アクセサリーコンセントが2つ装備されています。

このアクセサリーコンセントはどちらもAC100V(2つのコンセントの消費電力の合計が

1500ワット以下の電気製品の電源としての使用が可能)となっており、コンソール

ボックスの後方に一つ、ラゲージルームに一つ設置されています。

 

使用の際にはインパネ下部にあるメインスイッチを押すことで駆動用の

バッテリーから電力を供給しますが、この残量が少なくなると自動でエンジンを

始動し充電を開始します。

条件次第では災害時などに緊急用電源として使えるのは心強いですね!





トヨタ・ノアのアクセサリー電源 使用の際の注意点など

トヨタ・ノアのアクセサリー電源 使用の際の注意点など引用:https://toyota.jp/

ノアには3種類(ガソリン車は2種類)のアクセサリー電源が装備されており、

走行中に電子機器の使用・充電が可能です。

ノアに限ったことではないのですが、これらの電源を使用する際には

注意しなければならないことがいくつかあります。

 

ノアのアクセサリー電源には、純正カバー(フタ)が付いており

使用する際に蓋を開けて電子機器を接続します。

ここで注意が必要なのは、電源が使用されていないときはしっかりと

フタを閉じてゴミや汚れがポート内に入り込んでしまうことを防ぐということです。

また、ホコリなどの汚れの他にも水などの液体もショートの原因と

なってしまうので気をつけましょう。

トヨタ・ノアのアクセサリー電源 使用の際の注意点など引用:https://toyota.jp/

ノアに搭載しているアクセサリー電源は、エンジンが停止中でバッテリー駆動

している状態でも充電などに使用することが可能です。

しかし、当然ながらバッテリー駆動中に長時間電源を使用してしまうと

バッテリーが上がってしまう恐れがあります。

下手をすると赤信号などでアイドリングストップ機能が作動している状態に

バッテリーが上がってしまい、レッカー移動が必要になってしまう

という状況もあり得ます。

 

現在乗用車に搭載されているバッテリーはひと昔前の一般的な車用バッテリーに

比べだいぶ性能が安定・向上していますが、それでも過信は禁物です。

トヨタ・ノアの電源アクセサリーのオススメは!?

トヨタ・ノアの電源アクセサリーのオススメは!?引用:https://toyota.jp/

トヨタ・ノアの電源アクセサリー(装備)のオススメは、何と言っても

アクセサリーコンセントでしょう。

特にハイブリッドの場合、キャンプ場や車中泊時などの電源として使うには

最大消費電力1500ワットの電源が常にあるのはうれしいところです。

 

家庭用と同じ形の電源プラグが使えるインバーター(アダプター)は

シガーソケット用のアクセサリーインバーターよりも種類も汎用性も高いので

何かと重宝します。

とはいえ、USBポートはエンジンタイプやグレードにかかわらず

全車共通で複数個設置されているため、今時あえてソケット用のインバーターを

購入する人は少ないのかもしれませんね。

トヨタ・ノアの電源アクセサリーのオススメは!?引用:https://toyota.jp/

残念なことに、ガソリンエンジンのノアを選択した場合にはインパネ一体型

コンソールボックス、アクセサリーコンセントのオプションが選択できません。

ハイブリッド車が世に出始める前に発売していた

ノアの前身でもあるミニバン・イプサムには、USBポート1つ分と同じ消費電力ながら

DC5Vのアクセサリー電源を選択・オプションとして装備することができました。

最近は各国内メーカーによるハイブリッド車持ち上げのマーケティング戦法として

人気・有用性の高いオプション装備をガソリン車では選択できない設定に

するなど、ガソリン車が不遇な扱いをうけることが度々あるようです。

トヨタ・ノアの電源アクセサリーのオススメは!?引用:https://toyota.jp/

しかし、それに対抗するようにシガーソケットに取り付けるタイプの

コンセント型アダプターなども発売されていますので、どうしてもコンセントが

使いたい場合などはお近くの家電用品店などでお買い求めください。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/noah/

【トヨタ・ノア】を60万円安く買う方法とは!?

トヨタのノアかっこいいですよね!?

ガソリン・ハイブリッドや
2WD・4WDだったり、
カラーリングも豊富ですし、
特別仕様車の「WxB」など
いろいろ選べますし!!

乗車人数も7,8人と
お子さんがいても余裕のある空間で、
家庭的で優しいパパを演出できます!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「ノア欲しいけど高いんだよな…」
「もうそろそろ今使っている車とも長いし、
ノアに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れてきたな…」
「新車のノアを最安価格で買いたいな…」
「ディーラーからの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるのも避けたいな…」

などなど、ノアの購入を検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大100社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

しかもこの一括査定は
あの有名な楽天のため、
見積もり依頼をすると楽天ポイントももらえます!

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク

 

トヨタノアの関連記事はこちらです!

【トヨタ・ノア】オイル交換時期やオイル量は?オイル粘度は?

【トヨタ・ノア】オプションやパーツは何が選べるの?ナビはどう?

【トヨタ・ノア】アクセサリーおすすめはこれ!電源等紹介します!

【トヨタ・ノア】改造・カスタムしたい!エアロパーツはどんなの?

【トヨタ・ノア】後部座席や荷室容量はどのくらい?車中泊はできる?

【トヨタ・ノア】タイヤサイズは?サイズアップや交換したい!

新着記事

  1. 現代日本におけるミニバン界は、限られた数少ない車種が人気ナンバーワンの座を巡って熾烈な争いを繰り広げ…
  2. トヨタノアには2WD車と4WD車があります。それぞれにはそれぞれの良さがありますが、両者は価…
  3. 昨今では、ハイブリッドカーのラインアップが増え、従来からある車種にも、ハイブリッドタイプが追加される…
  4. トヨタのノアとホンダのオデッセイ。どちらも各メーカーを代表するミニバンですが、ひと口にミニバ…
  5. 3列シートのゆとりの空間と、トヨタらしい上質な走り。これぞミニバンという魅力をたくさん備えた…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP